menu
  1. 積極的に恋人探しをするなら街コンイベントに参加してみては?
  2. 水商売女性と結婚は長続きする?しない?
  3. ハプニングバーでの出会いは楽しめる?
  4. 性的快楽を求めるだけならワンナイトラブ
閉じる

水商売女性と結婚は長続きする?しない?

男性が女性と出会う場というのは、いろいろありますが、ときにはそれが風俗店やキャバクラで働いている女性ということもあります。
そうして、最初は客として接していたけれども、そのうちに結婚を考えることになるかもしれません。

ただ、その結婚は本当に長続きするのか、ということを真面目に考えなければ後で後悔することになります。
水商売女性でも普通の女性と変わらないからと結婚をした時、長続きをするかどうかということですが、障害になってしまうことがいくつもあります。
まず結婚相手が水商売で働いていた経歴はあまり人に言えないものです。
それを家族や親戚、仕事仲間に知られてしまったら、どのような目で見られるのかという不安があります。

また、水商売をそのまま続けるとなれば、妻が見知らぬ男性と仲良くなるのを黙って受け入れなければいけなくなります。
風俗店やキャバクラでは、店にお金を落としてもらうために、普段からこまめに連絡を取り合いますし、お店が終わったあとに食事に行ったりすることもあります。
もちろん、結婚してから付き合い方を変えることもありますが、そういった接客を仕事だと割り切らなければ、長続きは到底しません。

それから浮気癖がある女性であると、夫婦関係を続けていくことが難しくなります。
水商売では好きでもない男性に対して、好意があるように見せたり、愚痴を聞いて優しく慰めてあげたりします。
それは男性側にとっては心地よいことですが、女性にとってはストレスが溜まることです。
そのストレスを発散するために同じように接客のプロであるホストに癒やしをと求めて、貢いだり浮気をしたりすることもあります。
ホストだって仕事ですから、たとえ相手が既婚者であっても止めることはなく、深みにはまることも珍しくありません。

金銭感覚の違いも、夫婦に溝を作る要因となります。
水商売で働いているときには、美しく見せるために、ブランド品を身につけるのが当たり前です。
それは高収入である水商売であるからこそできることで、結婚をして主婦となってもその金銭感覚が抜けずに浪費癖が残ってしまえば、たちまち借金を抱えることになります。

もちろん、それを許せるだけの高収入を男性側が得ているのであれば、好きなようにブランド品を買い漁る生活を続けることができるでしょう。
結局は男性側が嫉妬をしないか、金銭的な問題を許容できるかということが結婚を続けていくことができるかを決めることになります。

関連記事
ページ上部へ戻る